スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳シェフの芸術的な杏スイーツ<杏露酒スイーツカフェ> 

大手町カフェと杏のお酒杏露酒の期間限定コラボ企画>「杏露酒スイーツカフェがいよいよ明日7/21(金)に幕を閉じます。

タルトシシリエンヌ(柳シェフ) タルトシシリエンヌ(断面) 
タルトシシリエンヌ(柳シェフ)
9人の超人気パティシエが、週替わりで提供する杏スイーツの競演で話題をよびましたが、その18種類のうち10種類のケーキを一度にいただけるという夢のようなイベントあんずの夕べに参加できました☆

「幸せのケーキ共和国」
を運営する平岩さんのよびかけで実現した一夜限りのイベント。盛りだくさんの内容で、時間が飛ぶようにすぎていきました。
その中で、今回はパティスリー・タダシ・ヤナギ柳 正司シェフの芸術的な杏スイーツをご紹介しましょう。

タルトシシリエンヌは杏スイーツなのにまず最初に淡い緑色が目にとびこんできます。ピスタチオのムースは、一口目で、あまりの軽さにびっくり。断面を見てもわかるように、空気がたっぷり含まれています。
上からみると控えめなオレンジ色も、フォークを入れると中にたっぷりが隠れているのがわかりますね。ここに杏露酒が使われています。
上から下まで一気に口にすると、ムースの軽さ、パンチがきいた杏、そして最後にタルト生地に焼きこまれたヘーゼルナッツの味が残り、う~む、個性的な組み合わせ!
上面の繊細な矢羽模様といい、添えられたホワイトチョコレートの羽?といい、柳シェフの世界炸裂。

リュシュアブリコ(柳シェフ) リュシュアブリコ

こちらも軽い。ふわ~っとしている中に、間に仕込んだダックワーズ生地?のココナッツのシャキシャキ感が面白い。ココナッツとはとても相性がよく、見た目も夏らしく爽やかなお菓子。
あっという間に食べきってしまい、おかわり!と言ってしまいそう。

見た目も、蜂の巣のようで(プチプチシートのような)インパクトがありますね。

柳シェフにはクレッセントにいらっしゃった頃、講習で教えていただいたことがあります。何一つ手を抜かず、計算されつくした技を惜しみなく披露して下さる姿勢に惹かれ、特にデザートの皿盛りの芸術的な美しさは忘れられません。

※ 杏露酒スイーツカフェでは、普段はお菓子のお取りおきをお願いすることはできませんが、今回特別にこのイベントのために、既に出店が終了したお店の分も含め美しいケーキの数々をご用意いただきました♪

ブログランキングに参加しています。
杏が注目の的!と思われたら、ここを押して応援して下さいね。
    ↓


《あんずの夕べ<1>》 もう一つのブログ へ

《Home》へ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://galette20.blog65.fc2.com/tb.php/40-3187b1aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。