スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン パティスリー・ヴァレリーでベリーのタルトを 

8月7日(Mon) ロンドン

自然史博物館からブロンプトン・ロードをハロッズに向かって歩くと、フランス菓子店のように(という言い方をすると英国人は嫌がるかもしれませんが)色とりどりのケーキをショーケースに飾っているカフェが道の両側に3軒、目にとまります。
多くの人が華やかな生菓子の前で立ち止まり、男性も女性も(カップルも!)目を輝かせて中を覗き込みます。
この国にはスイーツ好きな人がたくさんいるのね~、と納得。

私が入ったのはハロッズの並びにある老舗のパティスリー・ヴァレリー
ロンドンでは夏が旬のベリー類(特にいちご!)が、輝くばかりの美しさでケーキの上に並びます。それを横目でチェックしながら中へ。

mixed fruit tarte パティスリー・ヴァレリー 
パティスリー・ヴァレリー ミックス・フルーツ・タルト £2.20

クラッシックな雰囲気の店内はお茶やランチを食べる人々で活気がありました。
案内された席に着き(トレイにのせた幾つかのケーキの見本が出てくるかと思い)ケーキは何がありますか?と尋ねると、陽気な店員さんが「ケーキ!たくさんあるよ~、そこだよ。一緒に行って選ぶかい?」という明るいノリで、入り口のショーケースへ案内してくれます。

こっちは何々、これは何々、と次々とお薦めを教えてくれました。
美しいフルーツのタルトは、だけのもの、ラズベリーだけのもの、ベリー類のミックス、と好みで選べるように色々な種類で作ってあります。
私はベリーのミックス・フルーツ・タルトを注文☆
いちごが瑞々しくて美味しい!ブラックベリーも旬の味。

mixed fruit tarte 半割 
ミックス・フルーツ・タルト(半割)

半分に割ってみると、きっと下の部分はクレームダマンドが焼きこんであるはず、という予想を裏切って、クリームがぎっしり!
何故こんなにたっぷり?多すぎる~!と思ったのですが、クリームは、こってりしているようでいて意外とサッパリした後味。
パートシュクレが甘めなのが少し気になりましたが、全体的には甘すぎることもなく、ベリーの甘酸っぱさとよくあっていて、とてもいい気分でぺろっと食べてしまいました☆

カプチーノ カプチーノ £2.20
 ↑ 泡の上に降りかけてあるココアパウダーが甘い!
ケーキと同時にいただく時には甘さがない方がいいですね…。

ナイツブリッジ パティスリー周辺 ブロンプトン・ロード

左端に小さく見えている茶色の建物がハロッズ。右端の赤いお店の二軒隣(写真には写っていません)にパティスリー・ヴァレリーが。

ロンドンのケーキ、美味しそう!と思われたら
↓を押してこの記事を応援して下さいね☆
それぞれ一日一回カウントされます。よろしく!
    ↓          ↓           ↓
    にほんブログ村 旅行ブログへ

イギリス・フランスの旅日記 目次 へ

[お菓子教室発~美味しいお便り] FC2ブログHOMEへ
[お菓子作りの道具と材料] 楽天ブログ HOMEへ

スポンサーサイト

ロンドンの薔薇 セント・パンクラス駅近く 

8月6日(SUN) ロンドン

到着の翌日、まず町を一回りしようと思っていたところ、午前中にマラソン大会があり市内が混むと耳にしましたので、大英博物館にむかうことにしました。
夏のはじめのヨーロッパは猛暑だったようですが、この日はお散歩にちょうどいい気候でした。

途中セント・パンクラス駅近くで薔薇が咲いているのを発見。
最も花が美しいのは6~7月頃ですが、8月でも湿気がなく涼しいため、まだまだきれいに咲いています。
クエーカーハウスの薔薇1 クエーカーハウスの薔薇

ロンドン クエーカーハウスの薔薇

建物の名前はクエーカーハウス。
クエーカー教徒のつどう集会所のようなところかと思いますが、中庭は入れる様子でしたので、近くで薔薇を見ることができました。

クエーカーハウスの薔薇2

↓ セント・パンクラス(St.Pancras)駅は中世のゴシック建築を模したお城のような外観。100年以上たち、老朽化で建て替えの話も出たようですが、取り壊さずに改修工事をしている様子。
古いものを生かそうとするところはいかにもイギリスらしいですね。

セント・パンクラス駅

 ↑ 赤い丸に青い線は「地下鉄」(UNDER GROUND)の標識です 
すぐ隣にはキングズ・クロス(Kings Cross)駅が並んでいます。

ロンドンの薔薇は8月でもきれい!と思われたら
↓を押してこの記事を応援して下さいね☆
それぞれ一日一回カウントされます。よろしく!
    ↓          ↓           ↓
    にほんブログ村 旅行ブログへ

イギリス・フランスの旅日記 目次 へ

[お菓子教室発~美味しいお便り] FC2ブログHOMEへ
[お菓子作りの道具と材料] 楽天ブログ HOMEへ

ロンドンから無事帰国しました 

ロンドンでは航空機爆破テロ未遂事件がおきたため、ヒースロー空港の出国チェックが非常に厳しくびっくりしましたが、ともあれ、昨晩無事帰国しました。

今回の一番の印象は、ロンドンがとても活気があったこと。
色々なところが修理され、全体的に景気が良い様子が伺われて町がきれいでした。
パブの店頭には必ず花にあふれたハンギングバスケットが並び、ホテルやショップの窓辺にも、町中のそこかしこに花が飾られていて「花の都」のよう。

逆にパリやヴェルサイユは、観光名所が修復中のところが多く、メトロもガラスにつけられた傷がめだち、なんだか「くすんだ」印象。

詳しくはまた書きますね~!
膨大な数の写真をどう整理するか…

カッスルクームの花
コッツウォルズ カッスルクームのハンギングバスケット

コヴェントガーデン ジュビリーマーケットの花
コヴェントガーデン ジュビリーマーケットの花

ロンドンから無事帰国できてよかったね!と思われたら
↓を押してこの記事を応援して下さいね☆
それぞれ一日一回カウントされます。よろしく!
    ↓          ↓           ↓
    にほんブログ村 旅行ブログへ

イギリス・フランスの旅日記 目次 へ

[お菓子教室発~美味しいお便り] FC2ブログHOMEへ
[お菓子作りの道具と材料] 楽天ブログ HOMEへ

バスティーユのマルシェ 2004 

バスティーユのマルシェ
2004年パリ バスティーユの朝市

明日の今頃はロンドンに着いて歩き回っている頃…。
機内では、日頃の睡眠不足を取り戻すため、深い眠りに落ちたはず。

ご心配をおかけしましたが、明け方3時までかかって荷造り完了。無事スカイポーターが取りにきて、成田空港まで運んでもらいました☆スーツケースがないと思うと、身軽で楽々。
荷物の量は、夏ということもあり思っていたよりずっと少なくすんだので、こんな大きいスーツケースにしなくてもよかったかな~、と思いました。年々荷物は少なくなっているような気がします。
いつもながら準備はギリギリにならないとスタートできません。

この写真は、2004年7月のパリ・バスティーユの朝市
この時は「マリー・アントワネットの足跡をたどる旅」にしようと予定を考えました。
フランス革命時にアンヴァリッドで武器を奪った市民達が目指したのがバスティーユの牢獄。。。

今は牢獄は跡形もありません。車がどんどん走る道の中央に(後の7月革命の)記念柱が建ち、近代的なオペラ座(オペラ・バスティーユ)の建物が異彩を放つのみです。

少し歩くと朝市が開かれ、チーズや野菜、魚などの食べ物や洋服他を売るお店が並び、のどかな風景が広がります。
すごく活気にあふれて、というよりはのんびりとした雰囲気でしたね~。(時間帯にもよるのでしょうけれど。)

旅行のため、8月15日までブログはお休みします

それでは皆様、またいらして下さいね。

ロンドン便り待ってます!と思われたらここを押して応援して下さいね。
一日一回カウントされます。よろしく!
    ↓


《Home》へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。